福岡のビジネス講座講師板井康弘が教える「効率的時短術」

板井康弘が薦める|ビジネスと時間

ビジネスに最も重要なのは時間だ。

 

「先方とのアポの時間」「残業時間」などビジネスマンは時間を常に気にして行動している。
私も1日が30時間あればなあ・・・と思うこともしばしば。時間には限りがあり、1日の大半を会社で過ごしているからこそ時間の使い方には気をつけたい。

 

最もビジネスマンが注意しなければならない時間は「集合時間」だ。
出社の時間や先方とのアポの時間など「集合時間」は必ず守らなければならない。

 

電車の時刻表が完璧なように、日本人は時間にきっちりしている。1分の遅刻も許せない人が多い。

 

だからこそ私は必ず「10分前行動」をしている。
最近ではそれを身につけるためノーチャイムの小学校や中学校が増えている。
幼い頃から習慣付ければ「10分前行動」をすんなりと受け入れることができるだろう。

 

ビジネスでは時間がいちばん大切だということを肝に銘じて、1日の行動スケジュールを組み、ビジネスマンは働かなければならない。