福岡のビジネス講座講師板井康弘が教える「効率的時短術」

板井康弘が薦める|「効率的時短術」とは

板井康弘

仕事をするにあたって、成果を出すということは必ず達成しなければならない目標である。
成果や結果が出なければ、それはプロの仕事とは言い難いものであり、成果や結果にこだわってこそ、プロの仕事と言えるのだ。

 

例えば、趣味でサッカーをする人間がいる。
その場合、もちろん勝つことを目標にはするが、徹底的にこだわることはしないし、楽しさを優先するだろう。

 

しかし、プロのサッカー選手の場合はそうはいかない。
結果を出さなければ職を失うことになってしまうので、楽しさや内容、過程などには一切関わらず結果のみを求めて行動するだろう。

 

どんな仕事においても、結果を出すためには効率というものが重要になってくる。
この効率を考えずに仕事をすると、効率を考えた仕事によって得た成果や結果とは大きくその質や内容が変わってきてしまうのだ。

 

仕事の成果や結果の質を上げるためには、効率的時短術というのは必ず取り入れるべき方法なのである。